« ル・コルビュジエ『建築をめざして』吉阪隆正訳、鹿島出版会、1967 | トップページ | アンソニー・バーク、テレーズ・ティアニー編、『ネットワークプラクティス、建築とデザインの新たな戦略』、山口隆訳、鹿島出版会、2014 »

2014年5月26日 (月)

村田一也+白井秀和、「ル・コルビュジエの『建築をめざして』における量的概念の展開について、「ヴォリューム」から「量産住宅」へ、福井大学工学部研究報告、2001

Murata


かの有名なくだりは原語(仏語)では、L`architecture est le jeu savant, correct et magnifique des volumes assembles sous la lumiere. また仏語のヴォリュームは「第一に、「体積、容量、かさ」の意味を有し、「総量、量;音量」、「本、巻、冊」の意味を持つ。「基語である-volu-;「転がす、進展させる、変える」の意味からすると、この語には、巻物に由来する「(本の)巻」の意味があり、ここから体積の謂いとなる」。また数学においては、「体積、立体」の意味で使われ、先の意味と一致し、さらに美術の分野では、「立体感、量感;立体、量塊」のように感覚との関連性が示唆される。またこの語は「(居住空間などの)天井の高さとのかねあい」といわれるように、その意味は、幾分、曖昧な意味をも含んでいるのである(ラルース仏和辞典、小学館、2546頁)」(72)

いずれにせよ、三つの覚書の3項目は原語(仏語)では、Le volume, Le surface, Le plan で、これが英語版では、それぞれ Mass, Surface, Plan となる。ヴォリューム概念はここでは意を汲んでマスとして訳される。ついでに、要旨としては、(表)面がヴォリュームを規定し、プランがこれらを決定し、かつ生ぜしめる」ということになる。「プランはヴォリュームと面の上位概念として捉えられ」(74)るということになる。これらの項目をを統御するのが指標線(トラセ・レギュラトゥール)である。


メモ

「ここで「ひとつのヴォリューム(un volume)」とそれを「包む(envelopper)」、「ひとつの面(une surface)」との関係に注目すると、ヴォリュームは不定型なものであることが推察される」「「ひとつのプランは内から外へ生じる(un plan procede du dedans au dehors)」と見出しを附け、建造物をシャボン玉に例えているのである」「このようなことから、ル・コルビュジエによるヴォリュームは、面で限定された不定形で抽象的な量であると捉えられるであろう」「そしてそのようなヴォリュームに形態が与えられるのである。そのとき、ヴォリュームに与えられる形態は、原初的なつまり単純な幾何学的形態なのであり、それは美しい形態であるために美の理念と関連している。つまり、それらの形態が美しいがゆえに、ル・コルビュジエは、ヴォリュームにそのような形態を与えるのである」(73頁)。

|

« ル・コルビュジエ『建築をめざして』吉阪隆正訳、鹿島出版会、1967 | トップページ | アンソニー・バーク、テレーズ・ティアニー編、『ネットワークプラクティス、建築とデザインの新たな戦略』、山口隆訳、鹿島出版会、2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331394/56315505

この記事へのトラックバック一覧です: 村田一也+白井秀和、「ル・コルビュジエの『建築をめざして』における量的概念の展開について、「ヴォリューム」から「量産住宅」へ、福井大学工学部研究報告、2001:

« ル・コルビュジエ『建築をめざして』吉阪隆正訳、鹿島出版会、1967 | トップページ | アンソニー・バーク、テレーズ・ティアニー編、『ネットワークプラクティス、建築とデザインの新たな戦略』、山口隆訳、鹿島出版会、2014 »