« フロレンス・ナイチンゲール『看護覚え書、看護であること看護でないこと』湯槇ます、薄井坦子、小玉香津子、田村眞、小南吉彦訳、現代社、1968 | トップページ | マルクス『経済学批判』、武田隆夫、遠藤湘吉、大内力、加藤俊彦訳、岩波文庫、1956 »

2014年9月 6日 (土)

東日本旅客鉄道監修、ジェイアール東日本建築設計事務所編著、『近代建築を使い続けるためのデザイン、東京駅丸の内駅舎保存・復元の記録』、彰国社、2014

括弧Hozon_2

文化庁から発行された報告書のダイジェスト版である。

全体は、駅の計画から現代までを概観した1章、保存と復原と活用における理念と手法を示した2章、2の理念に沿った実務的な部分からなる3章の、全3章からなる。

まず重要文化財に指定されると建築基準法(国土交通省)の適用除外とされるという。そこで必要性能が満たされているかどうかを担保するために、構造、耐火、避難に関して仕様ではなく性能上の評価から充たされている事をもって「協議」したとある。構造については免震レトロフィット、耐火は建物全体での耐火認定、避難については全館避難安全検証による性能評価である。

他方で文化財に指定されると文化財保護法(文部科学省)が適用され、現状変更等に制限が加えられることもある。

実際には「保存・復原および活用の設計におけるすべての解答は、「特殊解」である」のであり、それゆえにこそ「そこにおいて設計者に求められるのは、確固たる「原則」に基づく設計行為であり、迷ったときに必ず立ち戻ることができる「原則」を持つことである」(46)とされる。「東京駅丸の内駅舎保存・復原設計基本方針」では、A-Eの五つの方針があったという。五つの方針は

A、オリジナルの保存

B、オリジナルへの復原

C、現代の改修デザイン

D、すべての時代への視点

E、使い続けられるデザイン

である。Aでは「オーセンティシティ」という概念が登場する。保存・復原・活用設計は、その建物のオーセンティシティとは何か? という問題に絶えず対面する事になろう。たとえばABと、CDは相互に矛盾することもある。というよりAB、あるいはA内部においてさえ矛盾することはあり得る。東京駅丸の内駅舎では問題にならなかったかもしれないが、設計図書と現場監理を経て実際に竣工したもののあいだに相違がある場合、それも建物の理念に関ってくるような変更があった場合、どちらをオーセンティックなものと見做すのか。これはほとんど原設計者との対話のような作業ではないだろうか。

 さらに長い歴史を経た建物の場合、つまりDが関係してくる場合、原設計者以外の手が入ってきていることがある。こうしたものをどう評価するのか。Dでは「すべての時代の正当な評価」という言葉でそれは言われる。単なる「評価」ではなく「正当な評価」。「現代の保存理念では「ある記念建造物に寄与したすべての貢献を尊重すべき(ヴェニス憲章)」という考え方が基本になっている。また、近現代の歴史遺産の保存問題がクローズアップアップされるとともに、建築とは変化するものとの認識も強くなりつつある。創建当初のものでなくても、各時代に建物に加えられた優れた努力の跡は大切に残しながら、建物全体のインテグリティを保持すべきなのである」(47)

 東京駅丸の内駅舎の場合は、戦災復興のための戦後の応急的な修復がこの例のひとつである。原設計による建物が存在したのは約35年で、戦後の応急的な修復は約半世紀にわたって存在してきた。それが存在した時間の長さからすれば応急的な修復後の方が長い。この問題は結局、応急的な設計を施した設計者自身による「これは応急的な修復であり、将来いつの日か原設計に復原されることを望む」という手記が発見されたことで、最終的に原設計へと復原する、と判断されたという。

 Cでは推測の排除もいわれる。「オリジナルの仕様が明確でないにもかかわらず、想像で歴史的建造物を再建するという行為が、かつて行われていた時代がある。失われた創建時のデザインを、推測に基づきあたかも当初の姿のように再現することは、歴史遺産全体の価値を損なうものである。わからないところは全体との調和を考えつつ、新たなデザインで補完するというのが、現代の設計者のとるべき正しい道であり、設計者の手腕が試される場でもある」(47)、とされる。ただし、こうした場合、その部分を明示するのが原則である。

|

« フロレンス・ナイチンゲール『看護覚え書、看護であること看護でないこと』湯槇ます、薄井坦子、小玉香津子、田村眞、小南吉彦訳、現代社、1968 | トップページ | マルクス『経済学批判』、武田隆夫、遠藤湘吉、大内力、加藤俊彦訳、岩波文庫、1956 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331394/57293530

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本旅客鉄道監修、ジェイアール東日本建築設計事務所編著、『近代建築を使い続けるためのデザイン、東京駅丸の内駅舎保存・復元の記録』、彰国社、2014:

« フロレンス・ナイチンゲール『看護覚え書、看護であること看護でないこと』湯槇ます、薄井坦子、小玉香津子、田村眞、小南吉彦訳、現代社、1968 | トップページ | マルクス『経済学批判』、武田隆夫、遠藤湘吉、大内力、加藤俊彦訳、岩波文庫、1956 »