« “The Ecole Centrale des Arts et Manufactures, The Architectural Course of the Ecole Centrale” | トップページ | 「シカゴ・フレーム」、コーリン・ロウ、『マニエリスムと近代建築』、伊東豊雄+松永安光訳、彰国社、1981 »

2015年3月30日 (月)

“Mexico, Paris, and the Civil War”

Pari

ジェニー評伝の続き。

1856年にサントラールを卒業してから事務所をシカゴに開設するまでの10年、メキシコに短期間技師として渡り、パリに一度戻り、さらにシャーマンに乞われて米国に戻って南北戦争を戦っている。

メキシコは短期間でほとんど特筆するものがないように見える。

パリに戻って1857年、ルクセンブルクで美術学校の学生と協働したことが建築家への転向を決意させた(58頁)。

このパリ時代を「トリルビ-時代」と呼ぶが、ジョルジュ・デュ・モリエのの小説中『トリルビー』に登場する「リトル・ビリー」がジェニーをモデルにしているという説があるからなのだという(59頁)。

パリでは初期のパリのアメリカ人、つまりパリのボヘミアンなアングロサクソン・サークルに出入りしている。このサークルではジェームズ・マクニール・ホイッスラーと懇意になり、しかしホイッスラーは「突然、パリから消え、1年後にロンドンで有名になった」という。また、このサークルを通じて同時代の印象派の画家たちとも接触があり、ジェニーの好みは古典派の絵画よりジェリコーなどのロマン派の絵画であったという。「19世紀フランス絵画の展開は興味深いことにのちのジェニーの建築と並行である。ロマン派の大きな量塊、豊かな色調、生き生きした筆使いは彼の住宅建築にしばしば現れる確固とした形態への好みを確かに示している」、「印象派が光と空気を描いたとすれば、ジェニーはこれらの要素を彼の建物に導入しようとしたのである」(60頁)。

当時のパリはオスマンの改造が進行中であり、ジェニーはフェアバンクスともどもこの改造を好意的に見ていた(ほぼこの章全体)。さらに「ジェニーの滞在中、パリを風靡した都市化の他にも知的潮流があった。エコール・デ・ボザールの教条はファサードを席巻していたが、その背後には新しい素材としての硝子と鉄への技師や施行者の嗜好が看取できた。その結果は、たとえば東駅(1847-52)、モンパルナス駅(1850-52)、レザール市場(1853-58)、それに1855年博覧会での展示場(1855)などである。これらのどれ一つとしてのちの彼の作風にそのまま表れることはないが、しかし確かに彼の目をこの新しい素材へと開いたに違いないのである。アンリ・ラブルーストのサント・ジュヌビエーヴ(1843-1850)に気付いていたと思わずにはいられない。その外壁の窓割の手つきには、ジェニーのザ・セカンド・ライタービルにおいて完成させるものの萌芽がある」(71頁)。

 そして「二回目の滞欧の終わり頃、ジェニーはビューロー・オブ・アメリカン・セキュリティ社に入社するよう乞われた。これはアメリカの鉄道へのヨーロッパからの投資を促進することを目的とした会社である。会社はウィリアム・テクメセー・シャーマンを社長に、ジェニーを3人いる技師の一人に任命したのだった」、「当時シャーマンはルイジアナの陸軍大学の校長で、ジェニーはすぐさま本国に戻ってオハイオ州シンシナチで1861年3月、シャーマンに会っている。未来の将軍は「極端に走る反逆者一味」に怒っており、「戦争が始まる。よって乞われたようにヨーロッパには我々は行かない。セントルイスに行って支度を整え軍隊に入ると語る。翌月には戦争が勃発し、数か月音信が途絶えたのち、シャーマンから参戦を促す手紙を受け取る」(72-73頁)。

 南北戦争に関する記述は73-74頁の2頁の記述のみ。

 ジョン・ルートが兵役逃れとして英国に留学し、リチャードソンもまた逃れるようにしてフランスに留学したことに比較すると、ジェニーのこの参戦と活躍ぶりは実はどこか確信めいたものを感じる。

 2月革命後のサントラールへの留学、ロマン派絵画への嗜好、この志願兵のような参戦。この点は留意しておいていいかもしれない。

|

« “The Ecole Centrale des Arts et Manufactures, The Architectural Course of the Ecole Centrale” | トップページ | 「シカゴ・フレーム」、コーリン・ロウ、『マニエリスムと近代建築』、伊東豊雄+松永安光訳、彰国社、1981 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1331394/59464885

この記事へのトラックバック一覧です: “Mexico, Paris, and the Civil War”:

« “The Ecole Centrale des Arts et Manufactures, The Architectural Course of the Ecole Centrale” | トップページ | 「シカゴ・フレーム」、コーリン・ロウ、『マニエリスムと近代建築』、伊東豊雄+松永安光訳、彰国社、1981 »